鋭い目つきの改善のために

女性たち

細かく幅広い選択肢があります

二重整形にかかる費用の基本としては、メスを入れる切開法の方が高くなりがちで、糸で目蓋を固定する埋没法はプチ整形に分類できるほどの料金だと覚えておきましょう。そして切開法はほぼ確実に元に戻ることはありませんが、埋没法だと戻るかどうかは体質との相性次第です。特に目蓋の脂肪が多い人だと、糸で二重のラインを作ったとしても押し出されてしまう形になるので、長期間の維持は中々難しいです。そんな人はただ切開するだけではなく、その脂肪ごとまとめて取り除く切開法が向いています。もしどうしても切開するのが耐えられない場合は、脂肪だけを取り除く施術と、埋没法を組み合わせるという方法もあります。脂肪を出すためにメスを入れることにはなりますが、数ミリ程度なので目蓋全部を切開する方法と比べると小さく済みます。その組み合わせは特に珍しい方法でもないため、受けられるところは多いです。複数の施術を受ける形になりますが、合計しても切開と比べると費用を抑えられる可能性が高いです。

古い時代の日本では一重目蓋の方が美しいとされたこともありますが、現代では二重の方が人気が高いです。線をひとつ置くことで目に力が入り過ぎていない演出ができ、睨みつけるような雰囲気を避けられるからです。また単純に目全体のシルエットを大きくできるため、見る人に明るい印象を与えられます。そのような見た目に大きなメリットがある二重を、整形を受けると長期間維持できます。切開法であればまず元に戻ることはなく、費用が安く手軽な埋没法でもやり方次第ではそれと同様の効果が期待できます。そしてそれは根本から作り変えられている状態なので、埋没法が戻らない限りデザインも大きくは変わりません。さらにもし普段からアイプチなどがメイクの手順に含まれている場合は、その手間が省けます。整形の選択肢は細かく分けると非常に多いですが、大きな違いは切開法か埋没法かの2つです。そしてそれぞれ確実性の高さと費用の安さという異なるメリットがあるため、最終的にどちらにするのかは相性や希望と相談することになります。

口元

ルールと豆知識

二重整形を行った後は血が出たりすることもありますが、麺棒などでいじったりせずにそのままにしておくことが大切です。二重整形の手術日に持って行くものは、サングラスや印鑑などです。比較的費用が安い埋没法は1時間程度で手術が完了します。
エステティシャン

まぶたの手術の選び方

申し込んだら即日で二重の整形手術をしてくれるクリニックが人気になっています。費用も安い魅力がありますが、元に戻ってしまう可能性が否定できない施術なのでアフターケアが丁寧におこなわれるかを確認することは必要です。
顔に触れる女性

一重まぶたで悩む前に

比較的一重まぶたの割合が高く、それに関する悩みも多い日本人。そのような中で、手術の必要がなく費用も少なくて済む二重整形が人気になっています。埋没法と呼ばれるその内容と実際に治療を受ける際に気をつけたいことについてお話しします。
注射器

確実性が高い

現代では一重だとあまり良い印象を持たれにくいので、持続しやすい二重整形はその改善として有効な手段です。そして糸を使った埋没法やメスを入れる手術に二重の人に対応しやすい脂肪除去など、費用や体質に合わせた複数の選択肢があります。
注射を打つ人

メイクの負担を軽減

二重整形は保険適用外となっていますが、それでも昔よりは費用がリーズナブルになっています。施術方法によってもコストは変わってくるので、施術を受ける前にしっかりと医師と相談をした上でクリニックを決めるとよいでしょう。