一重まぶたで悩む前に

顔に触れる女性

病院・クリニックの利用で気をつけたいこと

私たち日本人の顔の特徴のひとつとして言えるのが、西洋人などに比べると一重まぶたの割合が多いことです。一重と二重、人の好みはそれぞれですが、どちらかと言うと二重まぶたの方が人気が高いようです。まぶたが覆いかぶさった一重は目が小さく見え、どことなく暗い印象や冷たい感じになってしまう傾向があります。一方で二重まぶたは目が大きく広がって見えることから、明るく溌剌としたイメージを相手に与えやすいものです。そのため一重の人の中には自分の目にコンプレックスを感じたり、二重に憧れている人が少なくありません。そんな悩みを解消できるのが病院やクリニックで受けることができる美容整形です。美容整形と言うと、初めての人にとってはどうしても費用の問題や手術による痛みが気になってしまいがちです。しかし医療の進歩により、現在では高額な費用や外科的手術を伴わない治療も生まれています。埋没法と呼ばれる二重整形はその代表的な例で、医療用の極細の糸を利用してまぶたを留める方法です。

本格的な手術の必要がなく治療のための費用も少なくて済むことから、多くの支持を集めているのが埋没法による二重整形です。痛みや腫れの心配が小さいのも人気の理由のひとつだと言えるでしょう。ただし切開法と呼ばれるメスを使用した手術と比較すると、効果の面ではどうしても限定的になってしまうのも事実です。人によっては埋没法よりも切開法による二重整形が適しているケースが存在します。そこで実際に治療を行う際には、担当する医師による丁寧なカウンセリングがとても重要になります。患者の希望をよく聞き取り、顔の個性や治療効果とのバランスをしっかりと考慮した上でベストな治療法を提供してくれる。また必要となる費用に関しても明確な説明がある。そんな医師のいる病院やクリニックなら、安心して利用することができるでしょう。いたずらに治療を急かしたり、こちらの質問に対してきちんとした回答をしてくれないような場合は要注意です。そのような時には別の医療機関を選択するのがおすすめです。