確実性が高い

注射器

様々なデザインにできる

現代では一重の目蓋は全体的に良い印象を持たれる可能性が低く、目つきが厳しいイメージを与えてしまったり、腫れぼったい見た目になりがちです。しかしそれは生まれつきのもので、目蓋の構造自体から二重とは異なっているため、簡単な方法では中々改善はできません。自分で二重を作るために目蓋の皮膚を引っ張ったり接着するといったアイテムが市販されていますが、費用が安い代わりに根本的な改善にならない上、毎日行うのは大変です。そんな時に活用可能なのが整形で、専門的な知識に基づいて外科的な手を加え、見た目を大きく変えることができます。二重整形には方法や費用が異なる複数の選択肢が用意されていて、その内容を基本的に自分で決められます。一口に二重と言っても目の縁に沿わせたり、目じりだけくっきりさせるといったデザインの幅があるため、それも一緒にカウンセリングで選んでいく形です。また二重であっても線が入っている場所によっては、一重に見えてしまう場合もあります。そんな時の改善方法としても、整形が選択肢に入ってきます。

複数ある二重整形で手軽なのは糸を使った埋没法で、複数の結び目を作って皮膚を固定します。比較的費用が安く済むという手軽さが強みで、針穴ほどの傷しかつかないためダウンタイムも少なく済みます。当然糸は皮膚の内側を通すため、目蓋を閉じた時に縫い目が少しだけ露出する程度です。したがって施術を受けてすぐの状態でも、周りから気付かれるリスクが少ないのもメリットです。それよりも確実性が高いのは、メスを入れて縫合する形の整形です。費用は比較的高めですが、皮膚の形そのものを変えてしまうため、まず元に戻ることはありません。メスを入れる範囲の広さによって、作成できるデザインの幅を変えられます。また中には元々は二重であるけれども、目蓋の脂肪が多すぎるせいで線がひとつに見えるようになっている人もいます。その場合は切開や糸で新しい線を作らなくても、脂肪を取り除くだけで対処できることがあります。また一重の人が二重にする際に、同じように脂肪が邪魔になるのであればまとめて施術するという選択も可能です。