ルールと豆知識

口元

ルールと豆知識を確認しよう

二重整形を行った後は、いじったり力を入れたりしないで様子を見ることが大切です。埋没法であれば血が出たりすることはありませんが、切開手術の場合は血が出ることが多いので、気になってしまう方が多いです。しかし気になってしまうからといって、麺棒で無理に汚れを落とそうとすると、傷口が開いてしまう恐れがあるので注意する必要があります。傷が安定していないので、触らないでそのままにしておきましょう。二重幅の広がりを急がないこともポイントです。二重整形を行うと見た目が大幅に変わるので、すぐに仕上がりを確認したくなってしまいますが、腫れや一時的なひきつれによって満足できない結果になっているかもしれないので、しばらく様子を見ることが大切です。ダウンタイムが完了しても納得のいく結果でない場合は、修正を依頼するのがいいでしょう。初めて二重整形を行うのであれば、費用がリーズナブルなクイック埋没法がおすすめです。クイック埋没法は1点止めなのでリーズナブルな費用で利用することができます。

二重整形の手術日に持って行くものは、サングラスや印鑑です。サングラスは施術後の目を隠すのに必要で、印鑑は病院によって必要です。また手術後に転んで怪我をしないように、ヒールのない靴やスニーカーで行くのがいいでしょう。当日は運転することができないので、家族に送り迎えしてもらうか公共機関を利用しなければなりません。二重整形は比較的費用がかからない埋没法だと、約1時間程度で完了します。手術当日は受付でまず費用を支払い、その後洗顔を行います。パウダールームは個室になっていることが多いので、人の目を気にせずメイクを落とすことができます。次に行うのが医師との二重ラインの確認です。二重ラインを確認したら診察台に移動し、二重ラインをマーキングします。マーキングした後は鏡で確認することができるので、自分の希望通りでなければ必ず伝えるようにしましょう。ラインを確認したら局所麻酔をして手術が開始されます。手術が完了したら目を冷やし、痛み止めや炎症を押させる薬をもらったら完了です。